いまじん

人から学ぶ、花から教わる、自分を変える、そして世界が変わる

04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

カントリーロード  

9月のある日、村へ向かう。

DSCF0631.jpg


四駆でやっと通れるような、川になり果てた道、半分崩れた橋を渡り

右へ左へ車体を傾けながら進む。



国の騒乱により、4カ月以上もの間、日本人ボランティアは全員一時退避。

そしてこの日は一人のボランティアの再赴任日だった。



国道から外れて1時間半後に村へ到着。

日本人の自宅前には大勢が集まっていて、道行く人皆が口々にお帰りと

声をかけていた。

配属先長の自宅を訪れると、彼女の好物がズラリと並んでいた。

そして午後いっぱい、彼女の職場はもぬけの殻だった。

皆、配属先長の家に集まっていたからだ。



こうやって大切な時間を皆で共有する、ごく当たり前のことが私にはとても

感動的なことのように思われた。

私用で職場を離れてどないするん、という声も聞こえてきそうだけど。



一日7時間の移動で体はくたくただったけど、

村からの帰り途、夕日を背に浴びながらハッピーな気分

何のために、今日本から離れてここまで来ているのか。

自分なりの答えが今は手の中にある気がしています




ちなみに、この国でも義捐金が集まり、日本大使館を通して届けられています

金額は日本円にして約150万円

この国の一人当たりの年間所得は80分の1なので約1億2000万円もの価値があると言えます。

今も、日本人の顔を見ると地震は大丈夫か、津波はどうだと声をかけてくれる人々が

周りには沢山います。

統計上では、世界で二番目に貧しい国ですが、心の豊かさはもしかすると

世界トップクラスかもしれません☆




DSCF0624.jpg
☆村の織物職人の工房にて
スポンサーサイト

テーマ: 写真日記

ジャンル: 日記

出会いから10年 

豪雨の後の晴れ間ほど、気持ちの良いものはない!!

DSCF0443.jpg


平和は、人々の努力の上に成り立つものであることを

この数カ月で実感し。

平和とは、色々なバランスを保たなければ維持出来ないんだ

ということを実感し。

それでも、平和を取り戻したこの土地の人々の

あっけらかんとした前向きさに「これがアフリカだ」と。



まだまだ、知らないことばかりです。

DSCF0445.jpg



DSCF0447.jpg



DSCF0495.jpg

テーマ: 日記

ジャンル: 日記

南スーダン共和国、いよいよ誕生 

7月9日、南スーダンが独立します。

アフリカで54番目の新国家誕生らしいです。
(何カ国言えるかな・・・後でやってみよう


スーダンと言えば、長年に渡る内戦、特に「ジャンジャウィード」による虐殺、

結果数百万人が殺害された、という悲惨な図しかイメージ出来ない。

アムネスティから届く情報はどれも痛々しく、弱い者が脅され、犯され、殺されていく状況に

茫然としたのは、いつの頃だったっけ。。すっかりアンテナを立てなくなってしまいました



よし、一からおさらいだ。ということで外務省ページへ飛んでみました

主要産業は

「原油、農業、林業、畜産業、漁業」

うち、原油輸出に占める割合は何と8割に達するらしい。(SANKEI EXPRESS7月4日付)

天然資源に頼り切った国家であり、他の産業がこの長きに渡る内戦で

廃れたことも間違いない。



経済成長率は4.0%(2009年)、だけど物価上昇率も15.8%(2008年)



貿易相手国の輸出先が、中国、アラブに続いて日本が第3位にランクイン(2009年)
へぇー

もっと詳しく見ると・・・

対日貿易
→輸出: 原油・石油製品、アラビア・ゴム、胡麻、綿花(2009年)
←輸入: 輸送機材、機械・設備、工業製品(2009年)

こういうところでつながってるんですね。
全然知りませんでした。




さてさて、手元のSANKEI EXPRESSによると、どうやら新国家誕生を単純に喜んでる場合ではなさそう

DSCF0033.jpg

スーダンが当てにしている油田の大半は南スーダンにあります。

当然のことながら、石油の収益分配で対立が起こります。

南スーダンも、輸出するためには北スーダン(とここでは書いておきます)を通り抜けて

紅海に出なければなりません。

北スーダンはここぞとばかりに、石油収益を分配しなければパイプラインを止めるぞ、と

脅しをかけているようです。

脅しどころか、北スーダンは武器を持って南に迫り、そしてやっぱり何の武器も持たない

住民たちがたくさん犠牲になっているようで、ゆゆしい事態です。

何て不安な幕開けだろうと、勝手に心配してしまいます。



でも、南スーダンの人々は20年の内戦を乗り越えて独立を勝ち取ったんですね。

独立の日はうんと盛り上がって、たくさん踊って、笑って、

そして国民みんなで世界中に向けて、平和のメッセージを届けて下さい


がんばれ~


スーダン(外務省HP)

テーマ: 国際政治

ジャンル: 政治・経済

そう、アフリカの話をしよう。 

IMG_1573.jpg
 子どもが

IMG_1675.jpg
 子どもを背負うのって可愛いよね。

 日本でおんぶってあまり見かけないかも。



IMG_1917.jpg
 兄ちゃんたち、バイクを外も中も全部、丸洗いします。

 ちなみに車は座席のシートまで丸洗いします。

 一度、洗車をお願いしたら丸洗いされて帰ってきた。

 乾かすのに一週間かかって、もう止めてくれとお願いしたところ、

 ここの「常識」だと言われて・・・「これは日本車だ!私の方がよく知ってるんだ!」

 と言ってみたけど・・・説得力なし。笑



IMG_1601.jpg
 夕暮れ時、井戸端会議するおばちゃんたち。

IMG_1594.jpg
 夕焼け小焼けでまた明日~の 歌が聴こえてきそう。

 灼熱の太陽が眠りにつくと、空に満点の星が輝くから好き。


IMG_1614.jpg
 遊びに集中してて可愛い。でもオバマTシャツ。
 

 この前は、ホテルの従業員が来てた調理服に「餃子の王将」って書いてあった。

 「意味は?」と聞かれて答えにつまり、

 「えっと・・・中華料理の王様のレストラン!」って微妙に嘘言いました。  


IMG_1592.jpg
 ただただ、無邪気でした。お友だちとはしゃいでいました。
 
 ただただ無邪気な子どもをみてると、なんとも幸せです。

 ママかな?と思う人からピーナッツを二袋買って、それは10円でした。 
  

           ***    ***  


ニジェール、コートジボワール、チュニジアにエジプト、最近はリビア。

アフリカがクローズアップされるのは大体、戦争か、汚職か、そういうのが多いけど。


でもこの前はマリの世界遺産ドゴンがテレビ放映されていたようです。

美しいアフリカをもっと知って貰いたいなぁ。

そして人々はもっと素敵で、色んなことを教えてくれます。

時々、色んなことを考えさせてくれます。



と言いつつ、私も知らないアフリカが、まだまだ沢山あるからなぁ。

また、楽しい発見があればご報告します。



★~*~☆ このブログを訪れてくれた皆様へ ☆~*~★~*~☆~*

ここを偶然でも訪れて下さった方。

アフリカ好きの方。 人が好きっていう人。

世界に目を向けたいなと思ったことのある人。今まさに向けている人。

ぜひ、語りましょう♪

~★~*~☆~*~★~*~☆~★~*~☆~*~★~*~☆~★~*~☆

テーマ: 伝えたいこと

ジャンル: 日記

日本人の軌跡 in Africa-1- 

IMG_1356.jpg
この写真は、昨日ある田舎の小学校で撮った一枚。

一人の日本人が、アフリカにやってきて

約1年半かけて見つけた、大切な場所と子どもたちです。


ほんの少しだけ、ここに辿りつくまでの苦労を知っていたから、

胸がいっぱいになって、紹介したくなりました。


* * * * *

一年半前、一人の日本人がこの町にやって来て、

この町にどっしり腰を落ち着けた。(本当に、どっしりと。)


「押しつけではなく相手が求めるものに応えたい」と

相手の歩調に合わせながら色々やってみたけど

周囲の協力が得られないと感じることも多くて、

思考錯誤の繰り返し。


でもまたコツコツ努力して、

だけど十分な手ごたえを感じられることは少なくて、

少し諦めかけて、

「やれることやって帰ります」

そう言っていた最中

彼女はこの場所に出逢った。



教室には子どもたちと一緒に作った作品が色鮮やかに飾られ、

彼女が提案する授業が担任の先生と一緒に行われ、

子どもたちは真剣なまなざしで授業を受ける。



今、彼女は毎朝、自転車で片道一時間かかる道のりを通う。

「こんな遠いところまで、来てくれて本当にありがとう」

と先生が言った。

彼女もやっぱりお礼を言った。


* * * * *


やる気と、元気と、体力と、そして忍耐力のある人、

アフリカがあなたを待ってます♪

IMG_1334.jpg


★~*~☆ このブログを訪れてくれた皆様へ ☆~*~★~*~☆~*

ここを偶然でも訪れて、何か思ったり、意見があれば

コメントでも拍手でも、何かの形で表現してくれたら嬉しいです♪

~★~*~☆~*~★~*~☆~★~*~☆~*~★~*~☆~★~*~☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。