いまじん

人から学ぶ、花から教わる、自分を変える、そして世界が変わる

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

タージ・マハルにて<Taj Mahal> 

IMG_5308.jpg
インドに行くならタージ・マハルだね、そう何人にも言われて強行スケジュールで

アーグラーへ。

750Rs(≒1875円)もの破格の外国人向け入場料を支払って入場。

アンコール・ワットも高かったけど、これは破格だ。

毎週金曜日は休みにして建物を磨き、広い庭園を丁寧に管理する、その手間賃?

なんにせよ、世界で一番お金のかかったお墓。

IMG_5276.jpg
壁にはラピスラズリなどの宝石が埋め込まれている。

22年の歳月をかけて完成したが、その天文学的総工費にムガル帝国は傾いたらしい。

「世界で一番美しいお墓を作って」とお願いしたという妃も妃、作った王も王。

そして、完成後は建築家の両手首を切り落とし、同じ物を二度と作れなくしたらしい。



って、そもそも誰もマネしないだろうになぁ。

IMG_5251.jpg
傍のモスクは静かで落ち着いた。

IMG_5297.jpg

お墓を見るより面白かったのが、あちこちで取る観光客のポーズ!

インド人もヨーロッパ人も、アジア人も、みんなお墓をつまんだり、挟んだり、

抱きしめたり!

これまで見たどの世界遺産より、カメラを向ける観光客の頑張り度が

高かったように思う。





ウロウロしていたら「写真OK?」と尋ねる黒人さん一行に遭遇。

「OK!」と答えると肩を組まれて一緒に撮られた。

そういう意味だったのか。

ナイジェリア人だったけど、今度私が昔住んでいたセネガルの街へ

行くらしい。

どんな街だった?と聞かれて思い浮かんだのは

ゴミ多い、蠅多い、蚊多い、暑い・・・



とりあえずヘラヘラ笑ってしまった。

IMG_5311.jpg

ゲートを出る直前に光が射し、数百メートル戻って撮ったタージ・マハル。

「よし、元が取れた」と思った瞬間。






★~*~☆ このブログを訪れてくれた皆様へ ☆~*~★~*~☆~*


ここを偶然でも訪れて、何か思った人、感じた人がいたら

拍手でも、コメントでも、何かの形で表現してくれたら嬉しいです♪


管理人のみ読めるコメントも喜んで受け付けますが、

返信が必要な方は必ず返信用アドレスを明記の上でお願いします。

~★~*~☆~*~★~*~☆~★~*~☆~*~★~*~☆~★~*~☆


スポンサーサイト

テーマ: 写真日記

ジャンル: 日記

India/Tibetの話  :  trackback 0   :  comment 2  : 

コメント

きゃー、きゃー、きゃー
写真UPぁりがとぅ

ってか入場料高っっっっっ
ビックリしたょ(苦笑)

建築家の両手を....って
話しゎ知らなかった
2009.09.08 Tue 15:27 : URL : YuRi #- : 編集 :

>YuRi

どういたしましてっ!e-287(笑)

いや全く、美しいものにはトゲというか

裏話がたくさんあるもんだね。

でもこの大きなお墓を、見事に左右対称に作り上げた

当時の技術には圧倒されるかもしれない。v-353v-353
2009.09.08 Tue 21:17 : URL : mame #- : 編集 :

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://manamame2.blog72.fc2.com/tb.php/11-31445dbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。