いまじん

人から学ぶ、花から教わる、自分を変える、そして世界が変わる

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

ダライ・ラマ法王来日講演 

ずっと会いたいと思っていた人に会えた。




想像していたより力強く、太く、安定感のある声が


広い両国国技館に響いた。



終わり頃時計を見ると、2時間の予定時間を1時間も延長していた。


50年の亡命生活を続けながらこうして世界中を回っているのか。


IMG_6270.jpg
両国国技館



今回は法話だったのでチベットの問題に直接触れることはなかったが

生き方、考え方、人の道を説きながら

今この世の中にある問題の核心を正確にとらえていた。




もっとも分かりやすかったのは「心の中の平和」についての話。


自分と他人の境界線を引くことで、自分の幸せだけを考える

利己的な思考が生まれる。


競争心、嫉妬心、恐怖、不安、執着、怒り・・・それが自分自身の

心の平和を失うことにつながる。

利己的な自分が自分を苦しめるということだ。



反対に、他者を自分に近い、愛しい存在だと思うことで

愛と慈悲、そして思いやりが生まれ、


その心が平和を生み出す。



宗教を信じる人も信じない人も


自分の人生をより良くしたい、と考えるのは皆同じ。


問題は全ての人々に降りかかり、やって来るのを止めることはできない。


大切なのは、その受け止め方なのではないだろうか。


そんな話がひとつあった。








そして、自分をどうしたら好きになれますか、という若い女性の質問には


「自分を大切に思えないと、他者への慈悲の心も持つことはできません。


 あなたも、自分が幸せなときは「自分のこと嫌い」だとは思わないでしょう。

 
 問題がおこったときは克服する良い機会を得たと思いましょう。


 そして克服することが出来ると信じましょう。


 また、問題に行き詰まったときは、周辺を見渡してみると良いですよ。」


 

チベット国民の苦しみ、願いを一身に受けながら今も尚

大きな問題と向き合い続けるダライ・ラマ法王。


彼の瞳には、世界中に亡命したチベット国民が

母国チベットで昔と変わらない、穏やかな生活を営む姿が

見えているに違いなかった。

IMG_6263.jpg
法話前の国技館会場

★~*~☆ このブログを訪れてくれた皆様へ ☆~*~★~*~☆~*

ここを偶然でも訪れて、何か思った人、感じた人がいたら

拍手でも、コメントでも、何かの形で表現してくれたら嬉しいです♪


管理人のみ読めるコメントも喜んで受け付けますが、

返信が必要な方は必ず返信用アドレスを明記の上でお願いします。

~★~*~☆~*~★~*~☆~★~*~☆~*~★~*~☆~★~*~☆

スポンサーサイト
人生<vie>  :  trackback 0   :  comment 4  : 

コメント

今年は、いけませんでしたが、きっとそういうお話をなさったのだろうなぁと 思いました

あれだけ苦難の民族を抱えながら、憎しみや卑屈さや怒りというものをまったく感じさせないのは、さすがに類まれな高僧でいらっしゃると思います

スッタニパータ の蛇の章としえブッダがおっしゃったこととして残っている言葉に

いかなる生物生類であっても、怯えているものでも強豪なものでも、悉く、長いものでも、大きなものでも、中くらいのものでも、短いものでも、微細なものでも、粗大なものでも、目に見えるものでも、見えないものでも、遠くに住むものでも、近くに住むものでも、すでに生まれたものでも、これから生まれようと欲するものでも、一切の生きとし生けるものは、幸せであれ 

とあります。
上座部仏典の中に残る、そうした思いをさらに高めていったのが大乗仏教なのかもしれませんが、この思いは、きっと仏教に限らずに、人が根源的に持っている願いであると いいなぁと思います
2009.11.02 Mon 22:03 : URL : ふうてんの猫 #- : 編集 :

>ふうてんの猫さん

コメントありがとうございます!
チベットへ支援を続けられているとのこと、
日記拝見致しました。

私は仏教に関してもほとんど無知なのですが、
>目に見えるものでも、見えないものでも、
 遠くに住むものでも、近くに住むものでも 
 一切の生きとし生けるものは、幸せであれ

この考えには全く同感です。
そして、ひとつ願えるならば、一人ひとりの感じる「幸せ」の中に
「周りの人々の幸せ」も含まれていて、
「一切の生きとし生けるものが、幸せであれ」と
一人ひとりが願う世界であればいいなと、私も思います。

なので、想像力は大切です!!
2009.11.03 Tue 02:41 : URL : mame #- : 編集 :

こういう話を本当に聴くべき人 たとえば指導的立場にある人 政治家、、

そういう人たちは聴かないんでしょうかね、、 馬耳東風?

 こころの貧富 も格差は拡がる一方なのかもしれませんね
2009.11.11 Wed 02:24 : URL : 横笛 #- : 編集 :

>横笛さん

心の垣根、それをぜひ政治家の方々にも乗り越えてもらいたいですね。

損得勘定だけでない、本当になすべきことを見極めてもらいたい、

そのためにもこういう場所にいらして欲しいと私も思います。

だからまずは、私たちが声をあげることが大切なのかなぁと

思ったりしますね。

2009.11.11 Wed 09:28 : URL : mame #- : 編集 :

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://manamame2.blog72.fc2.com/tb.php/28-98c16456
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。