いまじん

人から学ぶ、花から教わる、自分を変える、そして世界が変わる

10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

南スーダン共和国、いよいよ誕生 

7月9日、南スーダンが独立します。

アフリカで54番目の新国家誕生らしいです。
(何カ国言えるかな・・・後でやってみよう


スーダンと言えば、長年に渡る内戦、特に「ジャンジャウィード」による虐殺、

結果数百万人が殺害された、という悲惨な図しかイメージ出来ない。

アムネスティから届く情報はどれも痛々しく、弱い者が脅され、犯され、殺されていく状況に

茫然としたのは、いつの頃だったっけ。。すっかりアンテナを立てなくなってしまいました



よし、一からおさらいだ。ということで外務省ページへ飛んでみました

主要産業は

「原油、農業、林業、畜産業、漁業」

うち、原油輸出に占める割合は何と8割に達するらしい。(SANKEI EXPRESS7月4日付)

天然資源に頼り切った国家であり、他の産業がこの長きに渡る内戦で

廃れたことも間違いない。



経済成長率は4.0%(2009年)、だけど物価上昇率も15.8%(2008年)



貿易相手国の輸出先が、中国、アラブに続いて日本が第3位にランクイン(2009年)
へぇー

もっと詳しく見ると・・・

対日貿易
→輸出: 原油・石油製品、アラビア・ゴム、胡麻、綿花(2009年)
←輸入: 輸送機材、機械・設備、工業製品(2009年)

こういうところでつながってるんですね。
全然知りませんでした。




さてさて、手元のSANKEI EXPRESSによると、どうやら新国家誕生を単純に喜んでる場合ではなさそう

DSCF0033.jpg

スーダンが当てにしている油田の大半は南スーダンにあります。

当然のことながら、石油の収益分配で対立が起こります。

南スーダンも、輸出するためには北スーダン(とここでは書いておきます)を通り抜けて

紅海に出なければなりません。

北スーダンはここぞとばかりに、石油収益を分配しなければパイプラインを止めるぞ、と

脅しをかけているようです。

脅しどころか、北スーダンは武器を持って南に迫り、そしてやっぱり何の武器も持たない

住民たちがたくさん犠牲になっているようで、ゆゆしい事態です。

何て不安な幕開けだろうと、勝手に心配してしまいます。



でも、南スーダンの人々は20年の内戦を乗り越えて独立を勝ち取ったんですね。

独立の日はうんと盛り上がって、たくさん踊って、笑って、

そして国民みんなで世界中に向けて、平和のメッセージを届けて下さい


がんばれ~


スーダン(外務省HP)
スポンサーサイト

テーマ: 国際政治

ジャンル: 政治・経済

コメント

ご無沙汰しています お元気ですか~!

スーダンとかソマリアとか、、コーディボワールも?
まだまだ課題が山もりの国がたくさんありますね、、、、
急にガラッと良くなって欲しいです!
54カ国? 30くらいかと思ったが??
2011.07.12 Tue 01:35 : URL : yokobue #- : 編集 :

>yokobue-san
お久しぶりです~!横笛さんこそお元気です?
メール送れるってことは某国出国??でしょうか。

来年大統領選挙ののあるセネガルやテロの危険のある
西アフリカ圏も気になりますね。
アフリカの治安が良くなれば、世界の景気も経済もそれこそ
ガラッと変わりそうですね。

アフリカ54カ国当てクイズ、是非お暇な時にやってみて下さい~。
2011.07.12 Tue 22:24 : URL : mame #- : 編集 :

 初めまして、コメントさせていただきます。

 アフリカでエリトリア以来の独立国となった南スーダン、長い内戦の末に独立を果たしたキリスト教を信仰する黒人の悲願が叶ったと言えます。ダルフール紛争はルワンダの虐殺や今も続くコンゴの衝突よりも悲惨でしたからね・・・。

 独立後の課題として、石油利権を巡る対立や、部族間の対立を同解消するかですね。内戦で北部と交戦した武装勢力にとって「北部」と言う敵がなくなったから、これで覇権争いの内ゲバ起こしてアフガニスタンみたくならなければいいが。

 従来のスーダンは北部がイスラム教を信仰するアラブ人、今南スーダンとして独立した南部はキリスト教を信仰する黒人、といびつな民族構図をなったことで悲惨な内戦と虐殺、大量の難民を出すものとなりましたが、結局はヨーロッパによる植民地支配がもたらした惨劇でしょうか。
2011.07.15 Fri 13:37 : URL : アジシオ次郎 #- : 編集 :

>アジシオ次郎さん
初めまして、コメントありがとうございます。
おっしゃる通り多くの不安の種を抱えながらの出発ですが、
まずは国連への加盟を果たし、一歩ずつ歩みを進めているようですね。

ダルフール紛争で大量虐殺が行われた今も大統領が変わらず
権力を握っている現実に目を向けなくてはいけませんね。
貴重なご意見ありがとうございました!


2011.07.17 Sun 05:33 : URL : mame #- : 編集 :

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://manamame2.blog72.fc2.com/tb.php/72-79fe14f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。